妻だけ立たない「妻だけED」、どう克服すればいいの?

一口にEDといっても、その症状は様々。

AVや芸能人には性的興味を示すのに、奥さんにだけ反応しない「妻だけED」を抱えているご夫婦は、思っている以上にたくさんいらっしゃいます。もちろん「性交渉がなくても深く愛し合っている」、そんな夫婦の形もありますが、夫婦だからこそ自分にだけ反応しないというのはなんだか物悲しいですよね。

では、「妻だけED」を解消し、もう一度旦那さんに求められるためにはどうすれば良いのでしょうか?

外見を磨く、イメージチェンジをしてみる

「妻だけED」の大きな原因の1つが、奥さんを女性として見れなくなってしまったというものです。結婚するとそれまでの恋人関係から、徐々に家族愛へとシフトしていくもの。関係が長くなればなる程、互いに異性として意識する機会がめっきり減ってしまいますよね。

「妻だけED」を打破するためには、もう一度旦那さんに異性として認識されることが必要不可欠です。最近旦那さんにスッピンばかり見せていたり、着飾る機会が減ってしまっているということはありませんか?男性の頭は視覚的な印象に引っ張られやすいので、恋人時代のように「見られる」という意識を持ち、容姿に気を使うだけでも随分と効果がありますよ。

また、その際いつもとは違った自分を演出するのもおすすめです。

思い切ってヘアスタイルを変えたり、普段チャレンジしないような系統のファッションを取り入れてみるのも良いでしょう。もちろん各家庭のお財布事情によって、外見にかけられる費用を抑えなければならない場合もあるとは思いますが、一般的に男性は女性のファッションブランドには疎いものです。ファッションに強い関心があるわけではない限り、服の質に関してもあまり気に留めないことが多いでしょう。

安物でもかまわないのでとにかく着飾るバリエーションを増やして、旦那さんに新鮮な印象を与えることが大切です。

自分から性交渉に誘わない

最近旦那さんに求められていない・・・そう感じるとつい自分から誘ってみる方も多いと思いますが、実は女性から性交渉に誘うのはED気味の男性には逆効果になってしまいます。

狩猟本能の強い男性は根本的に「追いかけられる」よりも「追いかけたい」生き物。女性の方から積極的に誘ったり、スキンシップを取るとむしろ「自分から追いかけなくても良い」と安心感を得て追いかけるのをやめてしまうものなのです。

結婚や同棲をすると途端に性交渉の機会が減ってしまうのはこのためで、要するに「いつでもできる相手」だからわざわざ自分から求めようという気がなくなってしまうのです。

この状況を打開するためには、女性から求めるのをやめ、男性側から「追いかけたい」と思わせることがなによりも大切。上記の自分磨きに関してもそうですが、仕事や趣味に没頭したり、日々の生活を充実させ、輝かせる必要があります。

とはいえこうした対策は時間や手間がかかるもの。

「もっと即効性が欲しい!」「妊活に励みたいのですぐにでも結果が欲しい!」という方には旦那さんに精力増強サプリメントを飲んでもらうのもおすすめです。下記ページで紹介されているサプリメントは体に優しい成分で構成されていて、バイアグラ等の誰もが知っている成分が使用されていないので、「最近疲れているみたいだから」とさりげなく渡すことができますよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする