プライドの高いEDの旦那に病院に行って治療してもらいたい・・・なんて声をかければいい?

EDは適切な治療や投薬で改善することができます。

しかし、男性は女性が思っている以上にデリケートな方が多く、通院を嫌がる旦那さんも少なくありません。性生活の充実だけではなく、妊娠の希望がある場合などは旦那さんよりも奥さんの方が焦ってしまいますよね。

では、男性のプライドを傷つけず、治療に踏み切ってもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは確認、旦那さんが問題に感じているかどうか?

まずするべきこととして、旦那さんがEDに対して問題意識を持っているか確認しましょう。女性側が治療の必要を感じていても、旦那さんは年だから仕方ない、性行為ができなくても良い、と考えていることもあります。その状態で治療を促しても、旦那さんにとってはイマイチ意欲がわかないことでしょう。

まずは夫婦で話し合いの場を持ち、認識を共有することが大切です。

その際に旦那さんの近況や体調についても話を聞き、ストレスが溜まっていたり、体調を崩している場合はED治療の前にそのあたりを改善できないか考えてみましょう。

もしも奥さんが問題を感じているにも関わらず旦那さんにその意識がない場合、性生活を充実させたいのか、妊娠を希望しているので旦那さんにも協力して欲しいのか、いずれにしても気持ちを素直に伝えることが大切です。

いきなり病院の話はしない

いきなり病院や治療の話をすると、男性が傷ついてしまう可能性があります。

特にEDになってから日が浅い男性は「今は調子が悪いだけ」と考えたいものです。あまり最初から病院の話をするのではなく、「もう少し症状が続いたら通院も考えてみない?」など徐々に話を持っていくようにしましょう。

EDがなかなか回復しないと、旦那さんも徐々に焦りや不安を感じてくると思います。

まずは病院での治療だけではなく、生活習慣の改善や食生活の見直しなど、「EDの原因は体調不良にあるかも知れないから、健康を回復しよう」というニュアンスで夫婦一緒に改善策を探っていきましょう。

治療の成功談を教えてみる

ED治療を受けたことがない方にとっては、どのような治療を行うのか、本当に回復するのかなど様々な不安がつきまとうと思います。そこで、インターネットでED治療の成功体験を見つけてきて、旦那さんに教えてあげると良いでしょう。その際、ネットではなく知人や友達の旦那さんの話として伝えると、より信ぴょう性が増します。

下記のページに旦那さんのED改善に成功した奥様たちの体験談が掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。ちなみにそちらで紹介されているサプリメントは一見すると精力増強剤とは分かりづらく、どうしてもプライドが許さず通院しない旦那さんにこっそり渡すのも良いかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする