ベッドで旦那が立たなくて気まずくなった時、なんて声をかければいい?

夫婦でベッドに入っていざ行為に及ぼうとしたら、旦那さんが勃たなくなってしまった。

EDはこういった出来事から発覚することも多いはず。また、ED治療中に試しに行為に及ぼうとしたら、やっぱりダメだったなんていうこともありますよね。

男性は女性が考えている以上にデリケートなので、そういった時の奥さんの不用意な一言がますます男性としての自信を失わせてしまうこともあります。では、旦那さんのプライドを傷つけず、気まずい雰囲気を脱するにはどうすれば良いのでしょうか?

体調の心配をする

旦那さんのEDは体調不良やストレスが原因となっている可能性も考えられます。

もちろんEDの原因はそれだけではありませんが、加齢による精力は誰しも認めたくないものですし、仮に体調に問題がないように見えてもまずは旦那さんの体を気遣ってあげることが大切です。

決して責めないことが大切

旦那さんが勃起しないと、奥さんとしても女性としての魅力を否定されたような気持になってしまうと思います。性生活がもたれないのは双方にとって辛いものですが、旦那さんのことを決して責めないようにすることが大切です。

旦那さんの現在の症状は決して奥さんに魅力を感じなくなったというわけではなく、様々な要因が絡み合い、体に不調をきたしている可能性が高いのです。

そもそも、行為に及ぼうとしたということは、旦那さんも奥さんとの性生活を維持し、関係を良好に保ちたいという意思を持っています。奥さんが自尊心を傷つけられる必要も、旦那さんを責める必要もありません。

病気をすると体が思うように動かなくなることがあるように、旦那さんもなんらかの原因で、自分の思うように男性機能をコントロールすることができなくなっているのです。ベッドの中で旦那さんが勃たなくなってしまっても決して責めず、奥さんも気持ちに余裕を持つことが大切です。

あまり言葉を並べずに、態度で気持ちを伝える

あまり言葉を色々と並べると、逆に嘘っぽくなってしまうこともありますよね。

旦那さんに声をかける際も、色々と話すのではなく、そっと寄り添ってあげることが大切です。

また、行為に失敗してしまっても、ベッドの中で抱き合うだけでも安心感を得られると思います。旦那さんも勃たなかったことに傷ついているはずですから、そっと手を握ったり、奥さんから体を寄せたりと、行為以外のスキンシップで気持ちを伝えることが重要です。

話を替える

ベッドの中で勃たなかった時、旦那さんは奥さんに「ごめん」と謝るかも知れません。そんな時は努めて気にしていない様子をみせ、上記のようにスキンシップを取りつつそのやり取りはさっと切り上げてしまうのが得策です。

ED気味の旦那さんには病院での治療を受けてもらうのが良いですが、ED外来に通うことに抵抗のある男性は多く、二の足を踏んでしまうもの。そんな時は自宅で人知れず摂取できる、精力増強サプリメントがおすすめです。

精力増強剤というと、得体のしれない成分が入っているのでは・・・?と不安に思われるかも知れませんが、こちらのGHプレミアムは余計な成分が一切入っておらず、マルチビタミンも配合されているので精力増強だけではなく健康増進にも役立てることができそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする