旦那のEDを食事で直してあげたい。どんな食べ物を食べさせてあげればいい?

EDは精神と肉体の様々な問題が絡み合って発症してしまうもの。特に加齢と伴に衰える精力を回復させるためには、体の内側から調子を整える必要があります。

そこで重要になってくるのが、毎日の食事です。

EDに関しては旦那さん本人の問題なので奥さんは手助けをしづらいのが現状ですが、食事であれば奥さんも人知れずサポートすることができますよね。

精力のつく食べ物といえばスッポンが有名ですが、一般家庭ではなかなか手に入りにくいと思います。そこでこちらでは、普通のスーパーでも買うことができ、精力を高められるような食材をご紹介していきます。

にんにく

にんにくといえばスタミナ食材の代表格。男性の好むがっつりメニューにはにんにくがつきものですよね。実際ににんにくには体力や精力を増強する働きがあり、中でも亜鉛には性機能を高める直接的な作用を持っています。しかし、亜鉛は普段の食生活では不足してしまうことも多く、性機能の衰えを感じたら積極的に摂取するべき栄養素です。

にんにくは様々な料理に合いますし、和食や洋食などメニューを選びません。ぜひ旦那さんの好きなメニューにスパイスとして投入してみましょう。

納豆

性機能の衰えは全身の不調によるものの場合も多いので、「EDを改善する」というよりも「健康になる」といった意識を持つことも大切です。その点納豆は栄養豊富で健康増進に効果があり、日本では古くから健康維持に役立てられてきました。

納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があり、これにより全身の血行が促進されて健康増進に効果があるだけではなく、男性器にスムーズに血液が送られるようにもなります。

ウナギ

ウナギは昔から精力増強食の1つとされていて、ビタミンAやビタミンB、亜鉛といった精力をつけることのできる栄養素がふんだんに含まれています。少々値が張るので頻繁に食卓に上らせるのは難しいかも知れませんが、休日のごちそうなどにウナギを用いたメニューを取り入れてみるのもおすすめです。

やまいも

やまいもに含まれるネバネバ成分「ムチン」は滋養強壮に効果があることが分かっています。そのため病後の回復や疲労回復に古くから用いられてきた食材ですが、精力増強にも効果を発揮します。やまいもはとろろにして食べるのが一般的ですが、生のまま和え物にしたり、天ぷらや炒めものなど意外と様々なメニューに応用が効きますので、ぜひ普段の食卓に取り入れてみて下さい。

「食事療法だけでは本当に効果が出るのか不安」という方には、旦那さんに精力増強剤を渡してみるのもおすすめです。精力増強剤というとなんだか得体のしれない成分が入っているようなイメージがありますが、下記のGHプレミアムは数ある精力増強剤の中でも体に優しい成分で構成されています。旦那さんのED改善に成功した奥様たちの体験談も掲載されていますので、そちらだけでもぜひ覗いてみて下さい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする