旦那のEDをメンタルから直してあげたい。有効な方法は?

パートナーのEDは奥さんにとっても辛い現実ですが、旦那さん自身も男性としての自信を失ってしまっているかも知れません。また、EDの原因には精神的な要因が絡んでいることも多く、治療のためには奥さんのサポートが不可欠です。

病院の治療だけではない、奥さんにできる精神的なサポートについてご紹介していきたいと思います。

EDについて直接的に言及しない

奥さんから自分のEDについて言及されるほど辛いことはありません。一般的に女性はパートナーとの間に問題が起きると話し合いの場を持ちたがる傾向にありますが、男性の中にはそっとしておいて欲しいと考える方が少なくありません。また、パートナーからEDを指摘されたことで、旦那さんが益々男性としての自信を失ってしまうことも考えられます。

治療に関して夫婦で認識を共有することは大切ですが、あまり頻繁にEDについて話すと旦那さんは気が滅入ってしまうでしょう。

旦那さんも自分の体のことですから、奥さんが指摘しなくとも気づく日がくる、あるいはもう気づいていると考えて間違いないでしょう。なかなか事態が進展しないと不安に思ってしまうこともあるかも知れませんが、奥さんはどっしりと構えて旦那さんの治療を見守ることが大切です。

また、EDについて夫婦で話し合う時もあまり直接的に「ED」という言葉を使わず、言葉を選ぶようにしましょう。治療に関しては奥さんが仕切らず、旦那さんの意思やペースに任せて、あくまでサポート役に回るのが得策です。

精神的な問題に寄り添う

男性も女性も、ストレスや何か気がかりなことがあると、性的欲求を感じづらくなるものです。

旦那さんが現在EDに陥ってしまっているのは、日々の生活や将来について不満や不安があるからなのかも知れません。奥さんはその心の傷に寄り添い、旦那さんの精神的な問題を一緒に解決してあげることが大切です。もしも万が一奥さんの日頃の振る舞いに原因がある場合は行動を改めることも重要ですが、旦那さんはその点に関して奥さん本人に言うのをためらうかも知れません。様々な角度から旦那さんの日頃の様子を振り返り、共に改善策を模索していきましょう。

自信を回復させてあげる

人間として尊重することはもちろんですが、付き合いが長くなると異性としてパートナーを認める機会も減ってしまうもの。EDは性的自信が喪失されたことが原因で引き起こされることもあります。

旦那さんが男性としての自信を取り戻せるように、奥さんは旦那さんを尊重し、男性としての部分を褒めてあげることが重要です。

EDの改善には精力増強剤の使用も有効ですが、奥さんから購入を勧めるのは男性のプライドを傷つけてしまいます。旦那さんが自然と購入するように促すのも良いですが、下記のようなサプリメントを「疲労回復」という名目で渡すのもおすすめです。


こちらのサプリメントにはバイアグラのように一目で精力増強剤と分かる成分が入っておらず、ご自宅にも違和感なく置くことができます。旦那さんにサプリメントを使って欲しい場合は、こうした商品を「最近疲れているみたい」だからとさりげなく手渡すのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする